用語集

2022/11/04

【ざっくり解説】 「暗号資産」や「仮想通貨」と同義語。現在は、次の二つの意味で使われることが多いです。 ・ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨などのデータ ・情報セキュリティの認証で使用する「ワンタイムパスワード」を表示するための機器やソフトウェアなどのツール(セキュリティトークンとも呼ばれる) ここがポイント 「暗号資産」や「仮想通貨」と同義語 仮想通貨などのデータ、「ワンタイムパスワード」を表示するためのツール、2つの意味を持つ トークンには「DeFiトークン」「ガバナンストークン」「非代替性トークン(NFT)」「セキュリティトークン」など、目的や特徴ごとに様々な種類

がありますよ。 【もっと知りたい!】 ▼ 事例 スポーツ業界で導入が目覚ましいファントークンは、チーム運営などに関わる投票など、さまざまな企画に参加する権利が付与される『ユーティリティ

トークン』です。ポイントと同様保有することができ、購入者の売買に応じて価格が変動します。特定のチームのトークンを保有して付与される権利としては、 ・チケット抽選 ・オフィシャルグッズのキャッシュバック

・フォトコンテストやクイズへの参加権利 ・ユニフォームのデザインや選手の入場曲を決めるときの保有者限定投票への参加権利 などが例として挙げられます。(後略) (出典)株式会社トランス「ファントーク

ンとは|スポーツ業界で導入され始めているトークンの事例も紹介」 ▼ この用語に関連したコンテンツまとめ ・「トークン」タグのコンテンツ一覧 ▼ あわせて学ぼう! おすすめ動画ピックアップ ・Web3・メタバース・NFTを学ぼう!

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

レポートランキング

新着記事

その他の記事

×

参考になりましたか?

送信