ディープラーニング

参考になりましたか?

用語集

2022/09/20

【ざっくり解説】 「深層学習」という意味で、脳の神経回路の仕組みを模した機械学習の手法の一つです。人間が自然に行うタスクをコンピュータに学習させ、学習能力を高めます。コンピュータがデータ分析による判断基準を作成し、それに基づいた学習を繰り返すことで、複雑なデータ処理も可能となりました。 ここがポイント 脳の神経回路の仕組みを模した機械学習の手法 人間のタスクをコンピュータに学習させ、学習能力を高める ディープラーニングの技術には、画像認識、音声認識、自然言語処理、予測、映像解析などがあります。標識や信号機の自動認識や歩行者検知など、自動運転の技術にも活用されているのですね。

【もっと知りたい!】 ▼ 似た意味の用語 ディープラーニング(深層学習)と似た意味の用語に機械学習があります。この2つの違いは次の通りです。 「基本的には深層学習(ディープラーニング)は

、機械学習の手法の1つにあたります。しかし、決定的でわかりやすい違いのポイントとしては、人間がデータの特徴を判断するものが機械学習、機械がデータの特徴を判断するものが深層学習ということです。 つまり機

械学習の場合は、具体的な学習目的や内容については人間が手を加え、学習と分析の効率化を図ることができます。一方、ディープラーニングなら、何を学ぶべきなのかも機械が判断するため、抽象的な問題の解決を効率化

することができます。(後略)」 (出典)株式会社電算システム「機械学習と深層学習の違いとは?メリットや課題を挙げながら解説」 ▼ この用語に関連したコンテンツまとめ ・「ディープラーニング」タグのコンテンツ一覧 ▼ あわせて学ぼう! おすすめ動画ピックアップ ・AIブームの歴史とディープラーニング

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

レポートランキング

新着記事

その他の記事

×

参考になりましたか?

送信