用語集

2022/09/22

【ざっくり解説】 Digital Out of Homeの略称。自宅以外の場所で見かける広告物の中でも、特にディスプレイなどに表示するデジタル広告を活用したメディア全般のことです。DOOHでは広告内容を簡単に更新できるのはもちろんのこと、広告内部に組み込まれたセンサー等で見ている人や天候などの状況をAIが瞬時に判断し、適切な広告の選定、表示を行うこともできます。 ここがポイント 自宅以外の場所で見かけるデジタル広告を活用しているメディア全般のこと 最新・最適な情報の表示をすることでより高い効果を得ることができる 駅や街中、スマートフォンなど、人の生活に近い場所に設置することで効果を発揮す

る AIを利用することで、「適切な人に、適切な情報を」という最低限の目的だけではなく、思わず誰もが足を止めてしまうようなキャッチーな広告を展開することもできますね。 【もっと知りたい

!】 ▼ 事例  東京メトロではサントリーの金麦の販売促進の一環で、桜の開花情報と連動した広告を配信しました。 開花情報、開花予想、天気予報、時刻情報をもとに各駅の桜が最も見ごろな公園を自動で

割り出し、東京にある23か所の主要駅のデジタルサイネージに掲載するシステムを運用しました。 情報は30分ごとに更新され、広告を見ることで最新情報とともに桜の見ごろを確認できます。刻々と状況が変わる中で

桜の開花や見ごろに合わせて新鮮な情報を提供し続けられるのは、ダイナミックDOOHの強みです。 (出典)LM TOKYO株式会社「ダイナミックDOOH(Digital out of home)とは?意味・事例・メリット」

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

レポートランキング

新着記事

その他の記事

×

参考になりましたか?

送信