RPA導入のメリットとデメリットとは?

参考になりましたか?

生産性向上

2022/07/01

デジタル化・働き方改革・業務効率化・生産性向上といったキーワードとともに近年注目を集めるRPA。「本当に業務効率化に役立つの?」「RPA導入のメリットって何?」など、その効果に疑問を持たれる方もおられるでしょう。RPAは効果を発揮すれば、様々なメリットが得られます。この記事ではRPAのメリットとデメリットの回避方法について紹介します。 RPA導入のメリット RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、「手順&ルール」が存在する業務であれば自動化が可能といっても過言ではありません。RPA導入が成功し、社内で定着した場合、どのようなメリットが得られるのか見ていきましょう。 (1)

人的ミスが無くなる 繰り返しの多い単純作業を人が長時間行う際は、集中力が途切れ疲れたり、ミスも発生しやすくなります。もし、入力ミスや作業漏れ、メール送信先間違いなど、うっかりミスをした場合、取引先から

の信用失墜や、最悪売上ダウンといった事態にもつながりかねません。一方、RPAは忠実に動くロボットなので、うっかりミスが発生することもなく、業務品質は確実に向上します。 (2)業務処理がスピーディー

人が行うには時間のかかる業務も、RPAでの自動化によって処理スピードは大幅にアップします。もちろん、処理速度が早いだけでなく、24時間365日稼働が可能なため、夜中や休日といった業務時間外でも処理を進

め働かせることができます。同時に、上記のような人的ミスもなくなるので、チェックや修正に掛けていた時間も大幅に削減できます。単純作業に時間をとられて慢性的な人手不足に陥っている社内環境が改善につながります。 (3)より知的でクリエイティブな業務に注力 例えば、毎日わずか10分間の業務であっても、これらをRPAで自動化すると、1ヶ月換算にすると約200分間、定型業務から人の手が解放されることになります。こうして創出された時間で、人はデータ分析や企画・戦略立案、社内外とのコミュニケーションなど、より付加価値の高い業務に取り組むことができます。この例では、わずか1作業の10分間の話でしたが、このような創出時間の積み重ねが一人一人の生産性向上となり、やがては、個人レベルにまで届く"本当の"働き方改革なのです。 (4)コスト削減ができる 単純作業がRPAに置き換わることで、もちろん、人件費、採用費、教育費のコスト削減につながります。他にも、RPAであれば、シナリオ作成(=引き継ぎ)を、たった一度だけ丁寧にすれば、業務を正確に遂行してくれる上、残業代、福利厚生費、コミュニケーションコストさえ不要です。効果的にRPAを活用できれば、導入・運用コストを考慮しても費用対効果は抜群に高いといえます。 (5)働き方改革の推進につながる 上記は、RPAの表面的なメリットでしたが、RPAの存在やメリット

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

ご興味のあるテーマや作成してほしいレポートがございましたら是非リクエストください。
頂いたリクエスト及びご意見・ご感想は、コンテンツ制作の参考にさせていただきます。
なお、回答や返事をお約束するものではありません。ご了承下さい。

レポートリクエスト

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信