【トークセッション】成功するサブスクビジネスの設計とは?Part2(当社副社長 五十棲×執行役員 米谷)

この内容が参考になったらぜひシェアしてください

サブスクリプション

2021/01/04

サブスクビジネスを検討している経営者の方に向けて、当社副社長 五十棲と執行役員 米谷のトークセッションをお届けします。 本動画Part2では効果的なサブスクビジネスモデルの設計について、トークセッション形式でご説明させていただきます。 ▼動画レポートで使用した資料はこちら PDF ▼当社副社長 五十棲×執行役員 米谷 のトークセッションシリーズ 【トークセッション】DX何から始めればいいの?(当社副社長 五十棲 × 執行役員 米谷)https://www.ds-club.jp/report/000284.php 【トークセッション】非IT企業のDXの始め方(当社副社長 五十棲×執

行役員 米谷)https://www.ds-club.jp/report/000387.php 【トークセッション】ミッション、ビジョンをベースに既存事業をデジタルでどうアップデートさせるか?(当社副

社長 五十棲×執行役員 米谷)https://www.ds-club.jp/report/000446.php【トークセッション】成功するサブスクビジネスの設計とは?Part1(当社副社長 五十棲×執

行役員 米谷)https://www.ds-club.jp/report/000469.php 株式会社デジタルシフト非常勤取締役副社長 五十棲 剛史 1963年京都府出身。86年

立命館大学卒。株式会社船井総研総合研究所にて11年連続、全コンサルタント中1位に輝くなど、多数の記録を樹立。新規事業担当役員として、多くの新規事業を成功に導く。2018年に独立。IPOを目指す、スタートアップの取締役や、上場企業の経営者専門にDS戦略メンターとして活動。2020年4月、株式会社デジタルシフト(デジタルホールディングスグループ)取締役副社長に就任。非常勤取締役副社長の立場からまずは、デジタルシフトコンサルティング事業を成長をけん引。特にデジタル化が遅れ、国際的に見ても労働生産性が低いとされている状況に対して、非IT企業のデジタルシフトを通して、産業のアップデートを行い、一人当たりGDP向上に挑んでいる。 株式会社デジタルシフト執行役員 米谷 昌登 2003年、株式会社オプト入社。約5年間、営業に従事しMVPなど受賞。 2008年から5年間、大手総合広告代理店へ出向しマス×Webのマーケティング統合プロデュースに従事。 2013年からオプトにて動画の専門組織を立ち上げ、動画広告と動画コンテンツの事業部門を統括。 2017年~動画コンテンツ・メディアビジネスの新規事業責任者として立ち上げ~グロースまで実施。 2020年~現在、株式会社デジタルシフトにて会員向けサービスの開発責任者としてデジタルシフトのための情報コンテンツを開発、提供している。 このコンサルタントに相談する

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

評価をお願いします

送信