J-オイルミルズ、物流2024年問題対策で物流DXを推進

参考になりましたか?

物流・運送

2022/11/09

「運ぶを最適化する」をミッションに掲げる株式会社Hacobu(以下、Hacobu)は、株式会社J-オイルミルズ 静岡事業所がトラック予約受付サービス「MOVO Berth(ムーボ・バース」を導入し、物流DXを推進した導入事例記事を公開したことを発表した。 出典元:プレスリリース ■導入の背景 株式会社J-オイルミルズは、「Joy for Life -食で未来によろこびを-」を目指すべき未来(ビジョン)に掲げ、大豆や菜種など植物由来の原料から、油脂製品の製造・加工・販売をおこなっており、特に業務用油脂では高いシェアを誇っている。今回、静岡事業所内にて、物流の2024年問題対策を目的に発足した

「業務改革プロジェクト」にて、下記4つの課題解決に向けて、トラック予約受付サービスMOVO Berth(ムーボ・バース)が導入されたとのことだ。 ■MOVO Berth導入前の4つの課題 長時間待

機をなくしたい 工場内在庫の保管効率を上げたい コロナ対策として、直接の接触を少なくしたい 書類の管理を電子化したい ■MOVO Berth導入後の4つの成果 ドライバーの入退場の予約システムを、

一部対象車両に導入し、運用をスタート。配送パートナーや関係各所と密にコミュニケーションを図り、以下の成果を実現したとのことだ。 待機時間が、ほぼゼロに(導入前は30〜60分)※予約対象車両のみ 工場

内の在庫保管効率が向上し、外部倉庫費用を削減 8割以上の運送会社から、受け取る書類がゼロに データ分析によるKPI管理・運用が可能に ▼導入の成果、事例記事の全文 在庫保管効率の改善で、外部倉庫費用を削減!DX推進で、パートナーが「行きたくなる工場」を目指すhttps://movo.co.jp/case_study/2995 ▼動画 全体車両の2~3割に予約システムを導入、全車両でタブレット受付出典元:プレスリリース 簡単な操作で予約が可能に。予約対象の車両では、予約率100%を誇る出典元:プレスリリース ドライバーに「行きたい!」と思われる工場にしていきたい出典元:プレスリリース 写真:首藤拓 図:Hacobu ■トラック予約受付サービスシェアNo1※「MOVO Berth」について 規模の大小や入出荷問わず、全国の物流拠点、工場で利用でき、ドライバーの3人に1人が利用したことのあるサービスだ。クラウドサービスであるためシステム開発費は不要で、各種設定にて拠点ごとの業務にあわせたカスタマイズが可能。契約後、最短2週間で現場の方にお使いいただけるよう、お客様と二人三脚でシステム導入支援されるとのことだ。※ 2020年8月 ミック経済研究所調べ。 ▼MOVO Berthの詳細https://movo.co.jp/berth_management 出典元:https

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信