オープンハウス、遂にマンションのオンラインストアをOPEN!

参考になりましたか?

ReTech

2022/06/08

不動産をスマホでポチる時代へ 株式会社オープンハウスグループ(以下、OHG)のグループ会社である株式会社オープンハウス・ディベロップメント(以下、OHD)は、自社で建設・販売する分譲マンション物件のオンライン販売サービス、「OPEN RESIDENCIAオンラインストア」(以下、本サービス)を開始したと発表した。 OPEN RESIDENCIA オンラインストア URL:https://online.openhouse-group.com/ 本サービスでは、お客様が24時間365日自分のペースで物件を選んでいただけるよう、間取りや価格に加えて、修繕計画やハザードマップといった、従来、店舗に

て営業スタッフが渡ししていた幅広い資料がオンラインで入手できるようになっているとのことだ。営業スタッフのサポートをあまり必要としない不動産売買経験者の方々をメインターゲットとしており、本サービスから物

件の購入をされる場合最大50万円のオプションサービスが発生するなど、マンション事業の販路拡大を目指しながら、既存販売網との棲み分けを図るとのことだ。 出典元:プレスリリース コロナ禍の生活様式の変化に

伴い、多くの場面で常識の変革を目の当たりにするようになった。オンラインショップの分野においても、従来の常識ではあり得なかった高額商品の取引も始まっている。これまで変化への腰が重かった不動産業でも電子契

約の解禁が実施され、今後本格的にデジタルを活用した事業モデルの変革・再構築=DX(デジタルトランスフォーメーション)の波が訪れることが予想されるとのこと。 ギガベンチャーを標榜するOHGでは、この常識の変革に取り組むべく、日本では事例の少ない不動産のオンライン販売を開始することにしたとのことだ。 本サービスは、現状、物件閲覧から売買希望物件の売買申込までをオンラインで行うことが可能。公開時点では不動産売買契約および重要事項説明はOHDの営業所で行う必要があるが、本年5月の宅建業法改正による電子契約の解禁に対応し、今後は売買契約及びローン契約までをオンライン完結で行える仕組みの構築を目指すとのことだ。 また取り扱い商品のラインナップに関しても、現状はマンション販売からのスタートとなるが、総合不動産企業としての強みを活かすべく、主力商品である戸建や、オンライン販売と相性が良い米国不動産も、今後展開を検討しているとのことだ。   ■本サービスの概要 本サービスでは、物件情報の閲覧から購入申込までを提供するとのこと。物件情報をオンラインで閲覧、選択することにより、時間も場所も選ばず、自分のペースで物件を探し、購入申込を行うことが可能になる。またすべて掲載物件の価格、パンフレットや図面などの資料閲覧、購入資金の簡易審査などのシミュレーションも行える。 不明な点や確認事項があれば、対面やビデ

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信