キヤノンITS、ものづくり企業を支える「エンジニアリングDX」スペシャルサイト公開

参考になりましたか?

生産・製造

2022/06/07

As-Is(現状の姿)から To-Be(理想の姿)へ 課題解決を1つずつ支援 キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(以下キヤノンITS)は、ものづくりを行う製造業を対象に、単純なデジタル化やIT化ではなく、業務プロセスの変革を推進し、新しい収益モデルの創出を支援する「エンジニアリングDX」のスペシャルサイトをホームページに公開したと発表した。 エンジニアリングDX スペシャルサイト出典元:プレスリリース 昨今、各企業は競争力維持・強化のために、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進めていくことが求められている。製造業におけるDXへの期待が高まって

はいるものの、生産性向上を目的とした業務プロセス改革、製造品質の向上、自動化や省力化、さらに働き方改革や技術継承の実現など、企業の課題ポイントはさまざまだという。 設計・生産・保守にいたるエンジニアリ

ングチェーン領域の新しい収益モデルの創出を支援する解決策を、ソリューションカットで紹介するとのことだ。 ■エンジニアリングDXスペシャルサイト エンジニアリングDX 概念図出典元:プレスリリース

掲載ソリューション CAD(Computer Aided Design) PLM(Product Lifecycle Management) IoT(Internet of Things) xR(M

R/AR/VR) キヤノンITSの「エンジニアリングDX」スペシャルサイトは下記のURLからご覧ください。https://www.canon-its.co.jp/files/user/solution/engineeringdx/lp/ ■ものづくり企業の課題を解決するソリューション概要 1)CAD(Computer Aided Design) 2D-CADからミッドレンジ3D-CAD、カスタマイズ可能なハイエンド3D-CADなど、お客さまの要件にあわせたCAD製品の販売、マルチCADの運用構築支援、および3D設計のコンサルティングを提供。 2)PLM(Product Lifecycle Management) お客さまの業務を分析し、優先すべき課題や社内外の要求事項を踏まえ、製品の情報やデジタルデータを正確に一元管理する導入効果の高いPDM/PLMシステムを提案。構築から運用もサポート。 3)IoT(Internet of Things) AI/イメージング技術を活用した外観検査などの画像処理ソリューションや、工場やプラントの生産・設備データの収集、蓄積、監視制御から、ビッグデータ予兆保全などスマートファクトリーソリューションを提供。 4)xR(MR/AR/VR) キヤノン独自の技術で構成されるMRシステム「MREAL」をはじめとした先進的なxR技術を基に、現実世界とC

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信