日本全国の3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を推進するProject PLATEAU 2022年度のプロジェクトを発表

参考になりましたか?

スマートシティ

2022/03/29

2020年度からスタートした国土交通省が主導するProject PLATEAU(プロジェクト プラトー)では、スマートシティをはじめとするまちづくりのデジタルトランスフォーメーションを進めるため、現実の都市をサイバー空間に再現する3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を進めてまいりました。3D都市モデルがSociety 5.0やデジタルツイン実現のためのデジタル・インフラとしての役割を果たすことで、多様な生き方や暮らし方を支えるサステナブルで人間中心のまちづくりを実現することを目指します。 Project PLATEAUの概要 Project PLATEAUでは、これまで、全国56 都

市の3D 都市モデルを整備するとともに、これをオープンデータとして公開することで、多様な分野におけるオープン・イノベーションを促進してきました。また、データ標準モデルの策定や多様な分野における3D都市

モデルのユースケース開発、ハッカソンやピッチイベントの開催等に取り組んできました。 Project "PLATEAU" https://www.mlit.go.jp/plateau/ 2022FYの

展開 Project PLATEAUは、2022 年度も引き続き、3D 都市モデルの整備・活用・オープンデータ化のエコシステムの構築に向け、更なる取組の深化を図っていきます。 具体的には、効率的なデー

タ整備手法の確立、データ仕様の拡張、社会的要請の高いテーマや先進技術を取り込んだユースケースの開発等に取り組むとともに、地方公共団体による3D都市モデルの整備を支援していきます。 2022年プロジェクトの全体像:テーマと取り組み 2022年度のProject PLATEAUでは、1.データ整備の効率化・高度化、2.先進的なユースケース開発、3.データ・カバレッジの拡大の3つのテーマのもとに、50件以上のプロジェクトを採択し、取り組みを進めていきます。 1.データ整備の効率化・高度化 従来の3D都市モデル標準仕様を更に拡張し、土木構造物や水面、動的データ、点群などの新たなオブジェクトをPLATEAUに取り込みます。また、データ整備の効率化を実現するため、AI等を活用した自動生成ツールの開発・OSS化等にも取り組みます。 ■OGC CityGML2.0に基づく日本ローカライズ版標準仕様(PLATEAU標準)を拡張し、対象オブジェクトを拡大することで、より精緻なデジタルツイン構築を実現。 ■3D都市モデルLOD2の整備を効率的・低価格化するための技術を確立することで、地方公共団体のデータ整備拡大を後押し。 2.先進的なユースケース開発 防災や環境、まちづくり、コンテンツ、モビリティ等の多様な分野で先進技術を活用した3D都市モデルのユースケース開発を実証し、ベストプラクティスの創出

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信