ZOZOSUITで蓄積した体型計測データを活用!次世代のバーチャル試着体験 アプリが登場

参考になりましたか?

FashTech

2022/02/22

ZOZO NEXT、ソフトバンク、MNインターファッションの3社共同で3Dバーチャル試着に関する実証実験を実施 株式会社ZOZO NEXT(以下「ZOZO NEXT」)、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)およびMNインターファッション株式会社(以下「MNインターファッション」)は、オンライン上で服のバーチャル試着体験が可能なアプリ「ALTRM(オルターム)」(以下「ALTRM」)の実証実験を実施します。実証実験は2022年2月21日から3月29日の30日間(※1)で、合計約400人を対象に「ALTRM」を実際に使用してもらうユーザーテストを行います。 開発したアプリの画面 「

ALTRM」の機能概要 「ALTRM」は、3Dバーチャルアバターを活用して、自宅やオフィスなど好きな場所から、いつでもどこでもオンラインでバーチャル試着が体験できるサービスです。ユーザーは「ALTRM

」にログインし、身長と体重を入力すると、入力データを基に3Dバーチャルアバターが生成されます。(※2)次に画面に表示されているお好みのアイテムのアイコンをタップして選択すると、選択したアイテムが3Dバ

ーチャルアバターに装着され、実際に試着した時と同様に着丈やサイズ感を確認することが可能です。 「ALTRM」では、この実証実験のためにMNインターファッションが新たに立ち上げた紳士服ブランド「ALTR

M(オルターム)」(※3)のアイテム全14型(サイズ展開:S/M/L)を販売し、バーチャル試着導入による購入率の変化を検証します バーチャル試着によって、実店舗に足を運ばなくても、時間や場所を問わずオンラインで試着を体験することが可能となります。また、購入前のバーチャル試着が可能になることで、オンラインショッピングの課題である、サイズ不一致や着用時の違和感による返品の減少、CVRの向上への貢献が期待されます。 各社の取り組み 「ALTRM」の「3Dバーチャルアバター生成」および「バーチャル試着」の要素技術はソフトバンクが開発を行い、採寸データに基づいた3Dバーチャルアバターの生成や、服のリアルタイムシミュレーションといった複雑な計算処理を、多くのユーザーが使用可能なモバイル環境で動作する技術を実現しました。ソフトバンクが持つ要素技術を用いて、スマートフォン上で服の試着を体験できるアプリの開発をZOZO NEXTが行いました。また、今回の実証実験では、MNインターファッションが新たにブランド「ALTRM(オルターム)」を設立し、商品となる服の企画や生産、さらにアプリ内で挙動するための服のデジタル3D化を行います。 将来的には、バーチャル試着にAI(人工知能)技術を使用することで、お客さまの体型や過去の試着、購買データから、お客さまが好む服や似合う服、コーディネートを提案することで、

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信