Minecraftカップ2021全国大会、子どもたちが「未来の家とまち」をマイクラ上で発表。全14のAWARDが決定!

参考になりましたか?

メタバース

2022/02/08

「SDGs時代のみんなの家、未来のまち」をテーマに、世界中からエントリー Minecraftカップ全国大会運営委員会は、世界各国の教育現場で活用されている「Minecraft: Education Edition(教育版マインクラフト)」を使用した「Minecraftカップ2021全国大会(以下、本大会)」の最終審査会・表彰式を2022年1月30日(日)に開催いたしました。 第三回を迎えた本大会は、世界各国の教育現場で活用されている「教育版マインクラフト」を使用して、全ての子どもたちがプログラミング教育やデジタルなものづくりに触れることのできる機会を創出し、子どもたちのプログラミング思考の醸

成を目指すことを目的に開催しています。 本年度は「SDGs時代のみんなの家、未来のまち」をテーマに作品を募集し、エントリー総数3,087人のうち、応募いただいたチーム、個人あわせて484作品が集まり、

厳正なる審査により110作品が1次審査を通過。 各地区ブロックごとに開催された2次審査会では、20作品が最終審査会に駒を進め、オンライン上でのプレゼンテーションと審査の結果、全14のアワードが決定いた

しました。 ​ 配信は積水ハウス Tomorrow's Life Museum関東から行われ、受賞者には施設内の住宅「小林さんち」を再現したマイクラのワールド上でトロフィーが贈られました。 ​

大会結果 ​​ 大賞 大賞 No.0323 「EREC -地球蘇生実験都市-」熊谷武晴(1人) [山口県] 優秀賞【チーム部門】 No.0129 「つなげるココロ ~人も動物も植物も笑顔のまち~」Coderdojo Ishigaki(11人) [沖縄県] 優秀賞【個人部門】 No.0303 「ふクリンシティ」はやぶさ(1人) [大阪府] アイデア賞 No.0181 「みんながしあわせに暮らせる家と街 〜空中道路でいきものたちを傷つけずに暮らす〜」SDGs クラフト Kids(4人) [千葉県] クリエイティブ賞 No.0137 「New CodeTropolis」Coding Lab Japan(19人) [東京都] 建築賞 No.0323 「EREC -地球蘇生実験都市-」熊谷武晴(1人) [山口県] コーディング賞 No.0209 「トイレをつかったTNT発電」佐伯 優樹(1人) [神奈川県] チャレンジ賞 No.0464 「資源を大切に使う町 ~ゴミを有効活用しよう!~」雄太朗(1人) [宮城県] 積水ハウス賞 No.0302 「SDGsで未来を変えろ」浦和マイクラ部(CoderDojo 浦和)(9人) [埼玉県] 日本ユニシスBIPROGY賞 No.0076 「自然と共に育む未来 〜動物達と仲良く暮らすまち

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信