サウジアラビア、世界最大のテクノロジーイベント「LEAP22」でテクノロジーとスタートアップ事業へ64億米ドル超の投資を発表

参考になりましたか?

DX・IT関連イベント

2022/02/07

サウジアラビア通信情報技術省(Saudi Arabia's Ministry of Communications and Information Technology)は、2022年2月1日(火)~3日(木)にサウジアラビア・リヤド市で開催されている世界最大のテクノロジーイベント「LEAP」の初日に、未来のテクノロジーと起業家への64億米ドル超の投資を発表しました。これにより、サウジアラビアはMENA(中東・北アフリカ)地域最大のデジタル経済圏としてさらに確立されました。 この投資と取り組みには、アラムコ・ベンチャー(Aramco Ventures)のProsperity7ファンドの

10億ドルでの立ち上げや、NEOMテクノロジー&デジタル(NEOM Tech & Digital Company)からの未来技術に焦点を当てた10億ドルの投資などが含まれます。投資の一

環として、NEOMは、住民やスマート ギガプロジェクトの訪問者にサービスを提供する世界初のコグニティブ・メタバースXVRSと、ユーザーデータ管理を可能にする個人データ管理プラットフォーム「M3LD」の

立ち上げを発表しました。 サウジ電気通信会社(STC)は、サウジアラビアの急速に拡大するデジタルおよびクラウド分野を支援するため、地域の接続性とインフラに10億米ドルを投資する「MENA HUB」を

発表しました。 LEAPでは、キングアブドゥルアジズ科学技術都市(KACST)によるスタートアップ企業、投資、起業のための新しいプラットフォーム「ザ・ガレージ」の立ち上げも紹介されました。「ザ・ガレージ」は、国内外のスタートアップ企業を対象としたフルサービスの環境を整え、将来の主要テクノロジー企業への成長を支援します。 世界で最も急成長している物流企業の一つであるJ&Tエクスプレスグループ(J&T Express Group)は、eWTP アラビア・キャピタル(eWTP Arabia Capital)とパートナー各社の共同で、20億米ドルの投資を行うことを発表しました。この投資により、J&Tはリヤド市にMENA(中東・北アフリカ)地域本部を設置し、スマート物流・配送施設の広範なネットワークを構築し、先端ロジスティクス拠点として、サウジアラビアの存在感を高めていきます。 サウジアラビアは、MENA(中東・北アフリカ)地域で最大のテクノロジー市場であり、テクノロジー部門の規模は400億米ドル以上です。LEAP22で発表された新たな投資は、イノベーションを基盤とした経済への転換を目指す同国の継続的な計画の一環であり、すでにフィンテックとデジタルコンテンツにおいて地域で最も急成長する新市場の一つとなっています。 サウジアラビア通信・情報技術大臣のアブドラ・ス

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信