〈総合プロデュース企業 八芳園〉リアルとオンラインを繋ぐオンラインイベントプラットフォーム「WE ROOM」ビジネス版を発表

参考になりましたか?

DX事例

2021/11/22

総合プロデュース企業 株式会社八芳園(以下:八芳園)は、リアルとオンラインを繋ぎ、まるで同じ空間にいるかのようなインタラクティブなコミュニケーションを可能にするオンラインイベントプラットフォーム「WE ROOM」のビジネス版を発表いたしました。 【WE ROOMについて】 https://we-room.com/ 八芳園が開発したオンラインイベントプラットフォーム「WE ROOM」は、イベント主催者によるライブ配信を視聴しながら、参加者同士およびイベント主催者と参加者による双方向の通話を同時に可能にするオンラインイベントプラットフォームです。 「WE ROOM」を通じて八芳園は、2021

年以降のさらなるオンラインコミュニケーションの活性化およびイベント開催・参加への価値を提供し、オンライン空間における新しい交流文化を創造します。 【オンラインコミュニケーションの新たな価値を創造する

「WE ROOM」3つの特長】 配信を視聴しながら、参加者同士によるコミュニケーションが可能 テーブルを自由に移動し、リアルなイベントと同じ感覚で自由な交流を実現 独自の回線システムで、参加

者100人以上のイベントでも高画質・高音質なライブ配信を提供 1.配信を視聴しながら、参加者同士によるコミュニケーションが可能 WE ROOMの一番の特長は、イベント主催者によるライブ

配信を視聴しながら、同時に参加者同士での会話が可能となる点です。オンライン上の参加者をグループごとに分割できるテーブル機能を備えており、1グループ16名までのテーブルを複数作成できます。 顔を見ながらじっくりと会話できる人数であるため、オンラインイベントにおけるコミュニケーション不足の課題を解決。ライブ配信の視聴と参加者同士の会話を同時に可能にすることで、従来の並列参加型のウェビナー・ビデオチャットツールでは難しかった参加者同士のコミュニケーションを活性化させ、少人数ごとのグループワークがオンラインで実現します。 2.​テーブルを自由に移動し、リアルなイベントと同じ感覚で自由な交流を実現 グループごとに分割したテーブルは、ホスト(イベント主催者)も参加者も自由に移動できます。例えば、社内研修などでWE ROOMを利用した場合、ホストが各テーブルのディスカッションにアドバイスして回るなど、リアルなイベントと同じような交流体験を実現できます。 3.​独自の回線システムで、参加者100人以上のイベントでも高画質・高音質なライブ配信を提供 WE ROOMでは、独自の回線システムを採用しているため、接続回線数が増えることによる画質や音質の劣化が発生しません。複数人が同時に会話しても聴き取りやすいクリアな音質で、優れた視聴体験を提供します。 バージョンアップした「WE ROOM」、開

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信