「Sansan Innovation Award 2021」受賞企業・団体を発表

参考になりましたか?

DX事例

2021/11/15

Sansan株式会社は、同社が提供する働き方を変えるDXサービスを活用し、自社のビジネスや働き方に変化・イノベーションを起こしたユーザーを表彰する、「Sansan Innovation Award 2021」の受賞企業・団体を決定しました。 ■「Sansan Innovation Award」について Sansan Innovation Awardは、ユーザー同士の経験・ノウハウの共有を活性化させ、デジタル変革をさらに加速させることを目的としたアワードです。法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のほか、クラウド請求書受領サービス「Bill One」などのSansan株式会社が提供する

働き方を変えるDXサービスを活用している企業や団体、個人であれば誰でも応募できます。 応募内容は、独自性、成果・効果、社会性・影響力、活用方法の再現性、Sansan Innovation Commun

ityへの貢献度をはじめとする基準に基づいて、総合的に選考されます。 第三回目となる今回も、Sansan Innovation Award事務局が厳正なる審査を行い、応募された多くのユーザー企業・団体

の中から、受賞企業・団体を「Sansan Innovator」「Sansan DIGITALIST Innovator」として選出しています。 ■「Sansan Innovation Award 20

21」受賞企業(※1) 【Sansan Innovator】 ・株式会社八芳園 企業代表:取締役 経営管理部長 薮嵜 正道様 授賞理由:株式会社八芳園は、78年の歴史を持つ老舗の結婚式場で、結婚式、MICEをはじめとした、宴会・レストランなどの企画運営も展開する総合イベントプロデュース企業です。コロナ禍でも結婚式の変わらない価値を提供するため、社内業務の抜本的なデジタル化とDX推進に取り組んでいます。SansanおよびBill Oneの導入により、顧客接点のデジタル化と総務・経理業務の効率化を実現しました。コロナ禍で結婚式やイベントの中止や延期が相次ぐ中でも、オンラインイベントの強化を行うなど、経営改革に着手し、大幅な営業利益の向上を実現された点を評価されています。 ・株式会社ユニオン 企業代表:大阪支店 支店長 石丸 晶教様 授賞理由:株式会社ユニオンは、世界でも数少ないドアハンドルの専業メーカーとして地位を確立し、開発力・技術力をベースに、時代のニーズに即した建設環境金属製品の開発にも積極的に取り組んでいます。コロナ禍において対面が主流の営業スタイルからオンライン商談へのシフトを、オンライン名刺を積極的に推進することで、営業現場での定着に成功させ、リモートワーク下でも生産性を向上させるとともに、オンライン商談・セミナーの成果の最大化を実現しています。デジタルツールを活用した

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

参考になりましたか?

送信