テレワークで、ワークライフバランスはどう変わる?保つために重要なポイント

この内容が参考になったらぜひシェアしてください

リモートワーク

2020/12/03

こんにちは。株式会社デジタルシフトの鶴岡です。 新型コロナウイルスの感染拡大により、満員電車を避けるため時差出勤をしたり、リモートワークによってオフィス内の人数を減らしたり、オンラインでの商談が多くなったりと、働き方も以前と比べ、大きく変わってきました。 コロナ禍で一気に普及したテレワーク。一部の業種については、導入が難しかったり、業務の一部に支障をきたしたりするなど様々なデメリットもありますが、通勤時間の削減などによって余暇時間が増えるなど多くのメリットもあります。 テレワークでワークライフバランスはどう変わったのでしょうか? 今回、「テレワークの種類」や、「政府によるワークライブバランスの

定義」とは何か、「テレワークを導入し、ワークライフバランスは変わったのか」などをアンケート調査し、纏めた記事「テレワークで、ワークライフバランスはどう変わる?保つために重要なポイント」をご紹介致します

。 テレワークで、ワークライフバランスはどう変わる?保つために重要なポイントhttps://digital-shift.jp/flash_news/s_201102_1 一時的に減少

を見せていた新型コロナウイルスですが、最近、東京都だけでも1日400人を超え、国の対策として2回目の緊急事態宣言、ロックダウンなどの対策が発表される可能性があります。 改めて「新しい働き方とは何か?」

を見直してみてはいかがでしょうか。 弊社では、産業や事業の特性に併せたデジタルシフトコンサルティングを提供しておりますので、テクノロジーを駆使した新規ビジネスについてのご相談がありましたら、是非弊社までお寄せください。 株式会社デジタルシフト コンサルティング事業本部アナリスト 鶴岡 和之 IT業界にてSE業務に従事したのち、2016年より株式会社デジタルホールディングス(旧 株式会社オプトホールディング)にてグループ全体のITヘルプデスク業務に従事。2020年7月より現職。

このコンテンツは会員限定です。
お申し込みをされますと続きを
ご覧いただけます。
会員限定コンテンツが30日利用し放題

30日無料トライアルを体験する

会員のメリットを確認する

既存会員の方はこちら

ログイン

関連タグ

×

評価をお願いします

送信